しくじり先生 『人生の終わりをバッドエンドにしない終活(しゅうかつ)の授業』 | 吉川霊園|株式会社 プリエ

しくじり先生 『人生の終わりをバッドエンドにしない終活(しゅうかつ)の授業』

過去に大きな失敗を経験した芸能人が、自らの『しくじり』について話す、バラエティ番組『しくじり先生』(テレビ朝日系列)って知ってますか?体験や経験を聞くって貴重ですよね。なかなか、考えさせられる番組でした。

2017年9月17日のレギュラー放送最終回では、オリエンタルラジオの中田敦彦さんが講師を担当しました。見た方は、どんな感想をお持ちになりましたか?

 

簡単に説明いたしますと・・・。

 

 

『就活』ならぬ『終活』とは、人生の終わりに向けて活動すること。

人間なら誰しもに訪れる『終わり』に向け、終活で重要な3つのポイントを発表しました。

1.遺言書

2.葬式

3.墓

 

今日は、お墓に焦点を当てていろいろ考えてみたいと思います。

 

 

3つ目のポイントである墓については、選び方が大切。家族と意見がなかなか合わないことが多いため「 墓は1人では決められない。終活の ※ラスボスだ 」と中田さんはコメントしました。また、墓選びについて家族と話し合うメリットとして、「家族が『死』について、どうとらえているかが分かる」と語ります。

 

※ラスボスとは、最後の壁として立ちはだかる存在のこと。「ラストに登場するボスキャラクター=ラストボス」の略語である

 

中田先生は、終活を行い、調べて行く中で、

『死を恐れて遠ざけるのではなく、すぐそばにある現象だと考えて備える事で、生に感謝することができる』

これを実感として得たんですね。生きてることが素晴らしいんじゃないか、と!  このコメント!!!私も同感です。

 

 

また、「寿陵(じゅりょう)」生前に墓を買うと、幸せになるという意味の言葉もでてきました。芝ちゃんのブログでも何度か紹介しましたね。

 

中田先生いわく、、死を怖い事や悲しい事と思っていたが、終活を実際にしてみる経験によって死ぬことが嫌でなくなり、生きている奇跡を感じたそうです。

 

ここ吉川霊園にお墓をお探しに来られる半分の方は、寿陵の方ですが、残念ながら家族の誰かがお亡くなりになってあわててお墓をお探しの方も多いのです。私としては、お話を聞くのもなんとなく忍ばれてちゃんとご意向にそえているのかなと考えることもしばしば・・・。

その点、寿陵だと、時には笑いながら「お墓」のお話ができてほっとしたりします。

 

皆さんも、何かをきっかけに自分の最期に向けて考えていただけたらいいなと思います(*^_^*)

のためのお手伝いをいたします。一度お気軽に、吉川霊園・樹木葬オリーブの丘のご見学にお越しください。お待ちいたしております。