いよいよ梅雨明け☀☂ | 吉川霊園|株式会社 プリエ

いよいよ梅雨明け☀☂

とうとう梅雨あけです!といっても雨、少なかったですね。

平年より2日、昨年より10日早い梅雨明けだそうです。

関東の降水量は平年の約66%・・・。ここ吉川霊園の木々たちも今回かなり苦戦しましたが、枯れてしまったものも・・・。水やりは一仕事ですね!!!

 

さて、本日は土用  

土用といえばうなぎ・・・。

でもそれだけではないですよ。本格的な夏のご準備をしましょう☀☀☀

 

 

暮らしの歳時記から抜粋致します

立春、立夏、立秋、立冬前の18日間(または19日間)を土用といいます。
中国の陰陽五行説からきており、万物の根源とされる「木火土金水」を四季にあてはめると、春=木、夏=火、秋=金、冬=水になり、あまった「土」を立春・立夏・立秋・立冬前の約18日間にあてはめたものが土用です。

季節の変わり目に土用があり、昔はさまざまな禁忌や風習がありましたが、夏の土用は梅雨明けと重なることが多いために重要視され、土用といえば夏の土用をさすことが多くなりました。これは、高温多湿な日本ならではの暮らしの知恵といえるでしょう。

「土用の丑の日」とは

昔から日にちには十二支が割り当てられており、土用の約18日間にめぐってくる丑の日を「土用の丑の日」といいます。
やはり季節ごとに「土用の丑の日」がありますが、今ではもっぱら夏の土用をさすようになりました。年によっては「土用の丑の日」が2度巡ってくることもあり、2度目を「二の丑」といいます。

 

「う」のつくもので、夏バテ防止

梅干し・うどん・うりなど「う」のつくものを食べて夏バテ防止をする風習があり、「う」のつくうなぎは、まさに疲労回復効果抜群の食べものとされていました。
『万葉集』に大伴家持が痩せこけた知人の夏痩せ防止にうなぎを勧める歌があり、かなり古くからうなぎが夏バテ防止に効く食べものとして注目されていたことがわかります。
こうしたことを江戸時代の蘭学者・平賀源内が夏場の営業不振に悩んでいた鰻屋に助言し、土用の丑の日=うなぎブームが広がったという説があります。

 

丑湯

夏バテ防止や疲労回復のため、土用の丑の日に薬草を入れた風呂に入る風習があります。これを「丑湯」といいます。
ドクダミや緑茶などさまざまな薬草が用いられましたが、江戸時代は桃の葉を入れた桃湯を丑湯としていたそうです。

 

 

土用の虫干し

夏の土用は梅雨明けと重なるため、大切なものを風に当てて湿気をとる「土用の虫干し」が行われていました。
昔は着物や履物だけでなく、掛け軸や書物も虫干ししていました。